京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
被災地を訪問して①

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

 

2011年の夏、弊社代表山田が被災地を訪問した時のご報告です。

 

 

【被災地を訪問して①-1 : 7/16~7/18 】

 

宮城県山元町の常磐線、山下駅の風景です


今回訪れた場所の中で
なぜか一番せつない風景で
写真に収めねばいられない気持ちになりました

線路は果てしなく雑草で覆われ
復旧のめどもまったく立っていません

東京から宮城県内まで350kmに渡る路線
ほとんどが沿岸部分
福島県では原発から1kmと離れていない
ところを走っています。 
 

【被災地を訪問して①-2 : 7/16~7/18 】

 

宮城県もこの日は真夏日
33度ぐらいあったのでしょうか
幾らも作業しないうちに
汗が体中から吹き出してきます

熱中症を警戒しながら
多めの休憩を心がけ作業は続きます

時折、荷物の整理に帰ってこられる地元の方々
皆さん一様にすれ違いざま深々と頭を下げ
『ありがとうございます』、『ごくろうさまです』と

声をかけていただきます

疲れた体にも、そんな声をかけていただく度に
またまた、がんばれたりするのが不思議です
 

【被災地を訪問して①-3 : 7/16~7/18 】

 

7月17日、二日目の作業です

実は作業内容は当日にならないとわかりません
毎日地域のボランティアセンターで
住民ニーズとボランティアの数などを
勘案しながら割り振りがなされます

ハードな作業もあれば
さほどでもない作業もある
とまあ、そんな感じです

前日のまずまずハードと思われる側溝掃除の余韻が
体のあちこちに残っていました
恥ずかしながら密かに、ソフトな作業、ソフトな作業
と心の中で口ずさんでおりました

 

【被災地を訪問して①-4 : 7/16~7/18 】

 

今回の仙台行き、正直に告白すると
あまり乗り気ではありませんでした

仕事などの都合ももちろんなのですが
あまりに遠く、そしてあまりにも非力なのは分かっていたからです

結論からお話しすると
心の底から行って良かったと思っています

宮城県亘理郡山元町
その庁舎の前に仮設テント仕立ての
災害ボランティアセンターはあります

夏休みはじめの三連休最初の土曜日
その朝は日本全国から集まった若い人であふれかえっていました
(我々のようなおじさんももちろんたくさんいますが・・・・。)