京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
スタッフブログ
>
ネジの話

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

ネジの話

 

建物の中に『ネジ・ビス』って何個あるのでしょうか?
考えたこともなかったですが、ドア1つに付き約30個はあります。

昔はなんでも釘で留めていましたが、耐久性の面から今ではほとんど『ネジやビス』で留めてあります。

先日、築10年くらいの施設(施工は別の会社です)を管理されているお客様から 「玄関のドアノブが取れてしまったので至急交換してください」と、切羽詰まったお電話をいただきました。
これは大変!と急いで現場に行ったところ 

・・・床にネジがポツンとひとつ・・・

それを再度取り付けて、ドアノブ復活で一件落着でした。

『ネジやビス』って耐久性は高いのですが、長年使用すると建物の揺れや繰り返しの使用でゆるんでくるものです。
もし、お家の中でドライバーを持つことがあった時は、いろんな所を覗いてネジというネジを締めてみてはいかがでしょうか?それだけでも建物の立派なメンテナンスです!(お金も助かったりします)

ただ、逆効果になるのでくれぐれも締め過ぎには御注意を!