京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
スタッフブログ
>
入梅

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

入梅

 

6月9日の梅雨入り以降、さほど雨が降らなかった京都地方。
しかし、ここ数日、雷を伴った激しい夕立が続いています。

流体計画の事務所は築100年以上の京町家。先日の夕立は事務所内で話が出来ない程激しいものとなりました。

地球温暖化が進むと気候の熱帯化が進み、梅雨明けが遅れ、日照不足になるとの予測のようです。
どうせ降るのなら農作物にやさしい恵みの雨が理想的なのですが、豪雨や空梅雨といった具合に、なかなか人間の思うようには降ってはくれないものです。
「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」。

先日は雨では、隣の滋賀県で雹が降り、被害にあう鳥が続出。
おたまじゃくしや小鮒が空から降ってくる昨今、天候の影響を受けるのはもちろんわれわれ人間だけではありませんね。

気象庁のデータによると、例年の梅雨明けは7月19日ぐらいとのことです。