京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
スタッフブログ
>
CO2排出量と、わたしたちができること

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

CO2排出量と、わたしたちができること

 

京都議定書では今年2008年から2012年の間に、6%の温室効果ガスの排出量を削減することを約束しています。

ところで、温室効果ガスって何でしょう?
有名な二酸化炭素(CO2)やメタン・フロンなどが代表的なものですが、その中で代表的なものはやはりCO2ではないでしょうか。

先日、体重計に乗りながら、「1年間の1人あたりCO2排出量ってどれくらいなんだろう?」とふと・・。

自分の体重くらいなのか・・いやいやもっと多くて・・
ならば、自分の体重の何倍くらいなんだろうか・・。

正解は自分約150人分。
10000キロ。いや単位は「トン」。日本人1人あたり約10トンを排出しているといわれています。
※もちろん製品の生産過程や自動車の排出ガスなど呼吸以外も含まれています。


ところが、
森林(温帯林)1ヘクタールが1年間に吸収するCO2は、わずか58トン。

ひと約6人が排出するCO2を吸収する為に、広大な森林約1ヘクタールが必要になるのです。

流体計画は太陽光発電を中心としたエコソリューションの会社。
環境のことを考える機会が多くあることもあり、チームマイナス6%にも参加しています。

これを見て何かお考えの皆様。
エアコンの温度調節・水道の無駄使い・自動車の使い方・エコ商品を選ぶ・過剰包装を断る・電気の使い方を考える(コンセントはこまめに抜く) などなど