京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
お金にまつわる話
>
第2回 【金利のお話】 byみぐもん

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

 

第2回

 

【金利のお話】

 

 

1カ月ぶりにこんにちは。

 

ぼくみぐもん 

 

ご無沙汰だからぼくのこと忘れてないかな?

 

忘れてたら思いだしてほしいのね。

 

 


そういえば「ごーるでんうぃーく」はみんな何してたの?


ぼくはちょっとお出かけしてみたよ。

 

でも、「ごーるでんうぃーく」って、

 

どこにいっても車や人がとっても多いのね。

 

ぼく疲れちゃった。

 


ん ? その格好で街をあるけるのかって?


それはね。秘密があるのね。

 

実はぼく、外に出る時はほとんど人の形をした気ぐるみをきているよ。


だからぼくがみぐもんだってばれないのね。


もしかしたら知らない間に出会ってるかもなのね。(へへへ)

 

 

 

 

さて、そしたら本題にはいるのね。

 

今日は「金利のお話」だよ。

 

 

まず、お金の貸し借りから。

 

ぼくの星では、100円借りたら100円返すよ。

 

ママに1000円借りたら1000円返すよ。


でもね。この国では、1000円借りたら少し多く返すのね。

 

なぜだか分からないけど多く返すのね。


この多く返す分のことを「利息」って言うみたいなのね。


じゃあ、その「利息」ってどうやって決まるんだろ?

 

早速みぐもん調査隊に調べてもらったよ 

 

そしたらね。

 

「利息」には「金利」っていうのが関係していることが分かったのね。

 

「金利」の単位は「%(パーセント)」。そしてこれは借りてる金額にかかってくるよ。

 

 

 

 例えば、ママがぼくに1000円を1週間、金利10%で貸してくれたとするね。

 

そうすると1週間後、返す金額はいくらになるかな?

 

 

この場合、「1週間」「金利10%」「1000円借りた」ってところがポイントだよ。

 

 

正解は元々の金額1000円と、1000円の10%の100円、合計1100円を返すことになるのね。

 


 

じゃあ、次にどういう時にみんなお金を借りるんだろう?

 

この国では、「家」とか「車」とか、

 

一度に払いきれないものを買う時にお金を借りるみたいなのね。

 

でも、やっぱり借りる時には「利息」がくっついてくるのね。

 

残念だけど「利息」はなくならないのね。だから、少しでも少なくできたらラッキーなの。

 

 そのために注意して見てほしいのが「金利」だよ。

 

この「金利」っていうのは、特にお家を買う時みたいに

 

長い期間をかけてお金を返す時は厄介 なのね 

 

 

家を買ったり建てたりする時、

 

ほとんどの人が2000万円とか3000万円のお金を借りているのね。

 

それを30年とか35年とか、長い時間をかけて返していくのね。

 

調べていくと、この長い時間をかけていく中で「金利」が生み出す「利息」が

 

すごいことになっていくのが分かったのね。

 


 

「ただいま金利1%です!」て聞くと、たいしたことないように思っちゃうけど、

 

例えば1000万円を35年で借りたとした場合、一体いくら返すことになると思う?

 

単純に1000万円の1%の10万円が利息で

 

合計1010万円かなって思っちゃうかもしれないけど、これは間違いなのね。

 

じゃあ、答えはいくら?

 

 

 

お家を建てる時に借りるお金のことを「住宅ローン」っていうのはみんな知ってるよね。

 

 

この「住宅ローン」の場合、月ごとに少しずつお金を返すのが一般的だよね。

 

そして「金利」っていうのはその1月毎の残金にかかってくるっていう計算になるのね。

 

ぼくが長い期間をかけてお金を返す時は厄介」って話したのはここなのね。

 

 

 

金利1%で35年かけてお金を返すとどのくらい増えるかって計算してみたよ。

 

そしたら、びっくりしちゃった!こんなに増えるのか~!って。

 

計算方法は少しややこしいから、結果だけお話すると、

 

「 金利1%で100万円借りてたら120万円 」

 

「 金利1%で1000万円借りてたら1200万円 」

 

そう。借りたお金の20%も多く返すことになるのね。

 

だから、1%といっても侮れないのね。

 

もし2%なら・・・分かるよね?

 

40%も多く返さなきゃならなくなるってことなのね 

 

だから、金利は低ければ低いほど、余計なお金を払わなくて済むのね。

 

分かったかな?

 

そして今日、みんなに伝えたかったのは

 

「金利」は時間をかければかけるほど大きくなっていく厄介なもの だっていうことなのね 

 

もっと詳しく聞きたい人はぼくに聞いてね。

 

 

まだまだお話したいけど、今日はこの辺でおしまい。

 

3回目は「住宅ローンの仕組みってどうなってるの?」ってお話だよ。

 

よろしくなのね。

 

 

 

   by みぐもん