京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
お金にまつわる話
>
第10回 【減税のお話】

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

 第10回

 

【減税のお話】

 

 

みぐもんです 

寒いな~と思ってたら暖かくなって、

もう春だな~なんて思ってたらまた寒くなって・・大変なのね。

 

それに花粉症・・。いやになっちゃうのね。

朝起きたら目がかゆくて涙は出るし鼻はグズグズするし

クシャミは止まらないしで大変なのね。

 

そして大変・・といえば、先月お話した消費税のこと。

早いもので1年後には上がる直前になっているわけなのね。

 

もしかすると、いろんなものを消費税が上がる前に買っておこう!

って駆け込み消費の真っ最中になってるかもしれないのね。

 

そこで今日は増税のお話・・じゃなくて減税のお話。

 

前に一度書いたことがあったけれど住宅ローン減税のお話をするのね。

簡単にいうと住宅ローンの残高に応じて

税金を返しますよっていうことなのね。

 

じゃあどのくらい金額をかえしてくれるの?

ってことになるんだけど、年末時点のローン残高の1%なのね。

 

例えば、年末の時点で2000万円のローン残高があればその1%の20万円。

3000万円なら30万円、4000万円なら40万円がかえってくることなのね。

 

そしていつまで返してくれるの?ってわけなんだけど

これは10年なのね。

 

そして返ってくる金額の上限、

つまり10年間に返ってくる金額の合計が現在は200万円なんだけど

これが引き上げられるかも・・って話もあったのね。

結局そのまま200万円が上限のままになったのね。

 

そして返ってくる金額の話なんだけど、

年末のローン残高が2000万円の場合で話をするね。

 

1%の20万円がまるまる返ってくるわけじゃなくて

その年の所得税と住民税で税の負担を減らすのね。

 

住民税は9万7500円の減税

 

これは返ってくるんじゃなく

これから払う住民税の負担が軽くなるのよね。

 

負担が軽くなるのでありがたいんだけど

返ってくるわけじゃないから注意してね。

 

ここで20万円から9万7500円を引いたら10万2500円残るのね。

これが既に払った所得税から戻ってくるのね。

 

所得税を15万円払った人は10万2500円戻るのね。

所得税を5万円払った人は5万円戻るのね。残りの5万2500円は?

・・ということになるんだけれど、

払った金額以上の金額は戻りませんってことなのね。

 

来年になると消費税の引き上げと同時に

住宅ローン減税の中身ももっとよくなる予定なんだけど

まだよくわからないのね。

 

ひとつ、耳よりな情報になるんだけれど、

長期優良住宅や低炭素住宅に認定されたら

返ってくるお金の合計の上限

100万円増えて300万円になるんだって。

 

だからこれから家を建てる人は長期優良住宅ですか?

低炭素住宅ですか?

・・って必ず聞いておく方がいいのね。

 

  by みぐもん