京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2015年】
>
2015年、最初の基礎

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

2015年、最初の基礎

 

【2015年、最初の基礎】

なかなか
キレイに出来ました

いつも手前味噌でスイマセン(笑)

でも、なんかスゴクきれいに思うんです
たかだかコンクリートの塊なのに・・・

この上にお家が建つと知っているから
やはり見方も少し変わってくるのかもしれませんね

先日の地震のお話にもありましたが
住宅を構成する要素の中で
やはり基礎は何より大事な主要部分の一つ

建築基準法上も
かなり細かく規定されています

底板の厚みは12センチ以上
立ち上がり部分に関しても
30センチ以上露出してなければならず
厚みも12センチ以上とか

鉄筋は主筋12ミリ以上
底板の補強筋は30センチ以下の間隔に!とか

以前はもう少しファジーな規定
であったように記憶しています

度重なる地震災害によって
少しづつ厳しい規定になっていったのでしょうね

でも、こんなに厳しく規定していても

最近のえげつない自然災害
土石流や水害なんかが発生すると

ひとたまりもないのですから
自然と言うのはかくも恐ろしいものなのです・・・

抗う事は考えず
共生することを重要視する

『古くて正しい事を現代の方法で』

今年もそんな心持ちでのぞみたいと思います

(BOSS)

【2015年、最初の基礎】
なかなか
キレイに出来ました
いつも手前味噌でスイマセン(笑)
でも、なんかスゴクきれいに思うんです
たかだかコンクリートの塊なのに・・・
この上にお家が建つと知っているから
やはり見方も少し変わってくるのかもしれませんね
先日の地震のお話にもありましたが
住宅を構成する要素の中で
やはり基礎は何より大事な主要部分の一つ
建築基準法上も
かなり細かく規定されています
底板の厚みは12センチ以上
立ち上がり部分に関しても
30センチ以上露出してなければならず
厚みも12センチ以上とか
鉄筋は主筋12ミリ以上
底板の補強筋は30センチ以下の間隔に!とか
以前はもう少しファジーな規定
であったように記憶しています
度重なる地震災害によって
少しづつ厳しい規定になっていったのでしょうね
でも、こんなに厳しく規定していても
最近のえげつない自然災害
土石流や水害なんかが発生すると
ひとたまりもないのですから
自然と言うのはかくも恐ろしいものなのです・・・
抗う事は考えず
共生することを重要視する
『古くて正しい事を現代の方法で』
今年もそんな心持ちでのぞみたいと思います
(BOSS)