京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2014年】
>
サイクリング帽

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

サイクリング帽

 

【サイクリング帽】

東京オリンピックに向け
7月から国立競技場の解体が始まります

ザハ・ハディドという
世界的な女流建築家のデザインにより

皆さんが良くテレビでご覧になる
あのスタディアムに建替えられようとしているのです

私はあのデザインを見るたびに
自転車に乗る時の帽子(ヘルメット)
を思い出してしまうのですが・・・

まあ、私の主観はさておいたとしても
随分評判が悪いのは確かです

かかる金額もさることながら
周辺環境への配慮や騒音の問題
天然芝を維持しつつ
年間40日を超えるイベントへ対応する事など

現実的に大丈夫か?
と危惧する声が
日に日に高まっています

中沢新一さんという
著名な人類学者さんが
かなりの論調で憂いを示しておられました

私自身その文章を読んで

『確かに、あの形である意味がよくわからんな・・・』

と以前から感じていた違和感
の理由に思い至りました

明治神宮は日本人にとって
かなり思い入れ深い場所です

明治天皇のお墓が
京都は伏見に造られる事になった時

明治天皇を偲ぶ施設や場所を造りたい
という東京都民の熱意によってできた場所なのだとか

しかもその都市計画のクオリティーは群を抜き
100年たったいま、内苑・外苑という考え方で
生命の森までもを形成するに至りました

あの帽子はさしずめ

四条と三条の間の鴨川に架橋されそうになった
フランスの橋みたいなものになるかもしれません(笑)

走り出したら止まらないのかもしれませんが

100年後にも胸を張ることの出来る
日本らしさについて
もう一度考える方が良いかもしれませんね(笑)

(BOSS)
写真: 【サイクリング帽】
東京オリンピックに向け
7月から国立競技場の解体が始まります
ザハ・ハディドという
世界的な女流建築家のデザインにより
皆さんが良くテレビでご覧になる
あのスタディアムに建替えられようとしているのです
私はあのデザインを見るたびに
自転車に乗る時の帽子(ヘルメット)
を思い出してしまうのですが・・・
まあ、私の主観はさておいたとしても
随分評判が悪いのは確かです
かかる金額もさることながら
周辺環境への配慮や騒音の問題
天然芝を維持しつつ
年間40日を超えるイベントへ対応する事など
現実的に大丈夫か?
と危惧する声が
日に日に高まっています
中沢新一さんという
著名な人類学者さんが
かなりの論調で憂いを示しておられました
私自身その文章を読んで
『確かに、あの形である意味がよくわからんな・・・』
と以前から感じていた違和感
の理由に思い至りました
明治神宮は日本人にとって
かなり思い入れ深い場所です
明治天皇のお墓が
京都は伏見に造られる事になった時
明治天皇を偲ぶ施設や場所を造りたい
という東京都民の熱意によってできた場所なのだとか
しかもその都市計画のクオリティーは群を抜き
100年たったいま、内苑・外苑という考え方で
生命の森までもを形成するに至りました
あの帽子はさしずめ
四条と三条の間の鴨川に架橋されそうになった
フランスの橋みたいなものになるかもしれません(笑)
走り出したら止まらないのかもしれませんが
100年後にも胸を張ることの出来る
日本らしさについて
もう一度考える方が良いかもしれませんね(笑)
(BOSS)