京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2014年】
>
カッコいい壁

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

カッコいい壁

 

【カッコいい壁】

私達のお仕事は
お家を建てたりリフォームしたり

お客様の財物に関わる
とても責任の重いお仕事です

しかも、ほとんどの方にとっては
一生に一度の大勝負

失敗など許されようはずがありません

しかし、そんな責任の重さが
建築屋さんのマインドを
ギュッと委縮させている事も
また事実なのだと思います

たとえば
様々な仕様を決めたり
楽しい仕上を考えたり

そんな時でさえ
失敗できない!という呪縛から

今までに施工経験のある
仕上の中からしか提案しなかったり

経験の無いオファーを
お客様から提案されたりしたら

『いや、それはちょっと・・・・』

と腰が引けてしまったり

情けない事だ
とは思いますが、つくづくそんな考え方が
染み付くような業界なのだと理解しています

すこし前ですが
そんなマインドを表す
おもしろい出来事がありました

弊社の現在の社屋、築100年の町屋を
劇的にビフォーアフターしている最中の
左官職人さんとの会話です

入り口近くの壁だけ
ごろっと仕上や色を変えて
お客様をお迎えする雰囲気を作りたかったのです

左官屋さん:『社長、ここの仕上どうすんの?』

私    :『うーん、少し面白い事したいからこの黒い塗り壁にしようか?』

左官屋さん:『えぇー、ほんま?こんなヘンテコな壁にするん?』

私    :『かっこいいやんか、変じゃないで、絶対カッコいいって!』

左官屋さん:『そう言うんやったら、別にかまへんけど・・・』

私    :『一遍だまされたと思って、塗ってみて!』

左官屋さん:『絶対変やと思うで!知らんで!わし、知らんで!・・』

私    :『大丈夫やって、責任とれ!とか言わへんから、塗ってみよう!(笑)』

左官屋さん:『しゃーないな!そしたら塗ったるわ・・・』

とまあ、ほとんどそんな会話だったのです

今思い出しても随分お願いして塗ってもらったものだと思います

間違いなく施主だったんですけれどね(笑)

仕上がりは予想したとおりのカッコ良さ!
ご満悦に眺める私の横で左官屋さんが一言

『ほんまにこれでいいの?・・・なんか変やと思うけどな・・・・』

『施主さんが気に入ってるんやったら、まあいいけど!』

最後まで上から目線でした(笑)

実はこの話にはおもしろい後日談があります

それからしばらくした頃
左官屋さんを紹介してくれた棟梁が
こそっと教えてくれました

『あいつな、今ちょうど店舗の仕事してるんやけどこの間塗ったあの壁

若い設計士さんに、カッコいい壁材があるってエラク熱心に勧めてたで!(笑)』

実は気に入ってくれてたみたいです(笑)

(BOSS)

【カッコいい壁】
私達のお仕事は
お家を建てたりリフォームしたり
お客様の財物に関わる
とても責任の重いお仕事です
しかも、ほとんどの方にとっては
一生に一度の大勝負
失敗など許されようはずがありません
しかし、そんな責任の重さが
建築屋さんのマインドを
ギュッと委縮させている事も
また事実なのだと思います
たとえば
様々な仕様を決めたり
楽しい仕上を考えたり
そんな時でさえ
失敗できない!という呪縛から
今までに施工経験のある
仕上の中からしか提案しなかったり
経験の無いオファーを
お客様から提案されたりしたら
『いや、それはちょっと・・・・』
と腰が引けてしまったり
情けない事だ
とは思いますが、つくづくそんな考え方が
染み付くような業界なのだと理解しています
すこし前ですが
そんなマインドを表す
おもしろい出来事がありました
弊社の現在の社屋、築100年の町屋を
劇的にビフォーアフターしている最中の
左官職人さんとの会話です
入り口近くの壁だけ
ごろっと仕上や色を変えて
お客様をお迎えする雰囲気を作りたかったのです
左官屋さん:『社長、ここの仕上どうすんの?』
私    :『うーん、少し面白い事したいからこの黒い塗り壁にしようか?』
左官屋さん:『えぇー、ほんま?こんなヘンテコな壁にするん?』
私    :『かっこいいやんか、変じゃないで、絶対カッコいいって!』
左官屋さん:『そう言うんやったら、別にかまへんけど・・・』
私    :『一遍だまされたと思って、塗ってみて!』
左官屋さん:『絶対変やと思うで!知らんで!わし、知らんで!・・』
私    :『大丈夫やって、責任とれ!とか言わへんから、塗ってみよう!(笑)』
左官屋さん:『しゃーないな!そしたら塗ったるわ・・・』
とまあ、ほとんどそんな会話だったのです
今思い出しても随分お願いして塗ってもらったものだと思います
間違いなく施主だったんですけれどね(笑)
仕上がりは予想したとおりのカッコ良さ!
ご満悦に眺める私の横で左官屋さんが一言
『ほんまにこれでいいの?・・・なんか変やと思うけどな・・・・』
『施主さんが気に入ってるんやったら、まあいいけど!』
最後まで上から目線でした(笑)
実はこの話にはおもしろい後日談があります
それからしばらくした頃
左官屋さんを紹介してくれた棟梁が
こそっと教えてくれました
『あいつな、今ちょうど店舗の仕事してるんやけどこの間塗ったあの壁
若い設計士さんに、カッコいい壁材があるってエラク熱心に勧めてたで!(笑)』
実は気に入ってくれてたみたいです(笑)
(BOSS)