京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2014年】
>
業務改革:第一弾

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

業務改革:第一弾

 

【業務改革:第一弾】

生みの苦しみというけれど・・・・・・

写真は図面を書いたり
CGパースを作成したりするための
CADソフトのデモ風景

弊社スタッフいつになく真剣な面持ちです(笑)

最近の弊社での業務上の悩み

『忙しすぎて・・・が続いて』

『知らぬ間に効率までも、グーンと急降下』

『契約も決まらず・・・・』

『目標達成にも赤信号が・・・・・』

そうなんです!
大変なんです!
とても良くない状況なんです!

考え得る中で『最悪!』と叫んでも良いぐらいの・・(笑)

確かにへこみはするのですが
悩んでいても状況は好転してくれませんので

なんとか気持ちを切り替え
ポジティブに未来を考えることにしました、(さすが、早い!)

CADソフト導入は
現在進行中の業務改革の第一弾

今まで手作業にこだわってきた部分に
文明の利器を取り入れようというお話です

弊社に限らず
設計事務所やデザイン会社では

まだまだ手作業の神話のような
一時代前の常識がはびこっていたりします

『やはり手書きの感覚でなければ・・・・』とか

『機械に書いてもらうなんて・・・・』とか

特にアトリエ系の設計事務所
などに見られがちなように思いますが

夜遅くまで
せっせせっせと図面を書くことによって
『何のために・・・』という部分が
徐々に欠落してしまうのかもしれませんね

今回のキャドソフト
弊社スタッフにとっては
『そんなピンチの時』に見せられたデモンストレーションだからか

皆の目の色が久しぶりに違っていました
文字通り食い入るように見つめていたのです(笑)

しかも
実地で見せてもらった内容によると

弊社が今まで2週間程度の時間を必要としていたところを
およそ一日でクリア

おそるべきスピード、まさに驚愕です(笑)

それを目の当たりにしたスタッフたち

飛び交う質問も真剣な質問ばかり
まさに導入前提での実務に即した質問です

確かに大きな出費になりそうで
少し怖くもあるのですが(笑)

そんなものは
人材が成長してくれることに比べたら安いモノ(汗)

そして何より
『〇〇の課題を解決したいから〇〇を導入して下さい』
というように、

スタッフみずからが有言する事が
なにより重要だと思うのです

人は往々にして
決断することを嫌がったりします

決断には責任が付き物だから・・・・
それを糾弾されるのが怖いのか・・・・

ついつい見て見ぬふりを
してしまいがちな生き物なのだと思います

そんな点から言うと
今回のこのデモは大成功

少なくとも
このシステムを導入することによって
自分たちの業務を改善したいと思ったのだから・・・・

弊社スタッフの大きな第一歩なのだと思っています

さあ、あとの大きな問題は
弊社お目付け役の『P社』さんの稟議が通るか否か?

まあ、こないだ随分褒めておいたので
なんとかなるでしょうか?

これも楽しい生みの苦しみです(笑)

(BOSS)

【業務改革:第一弾】
生みの苦しみというけれど・・・・・・
写真は図面を書いたり
CGパースを作成したりするための
CADソフトのデモ風景
弊社スタッフいつになく真剣な面持ちです(笑)
最近の弊社での業務上の悩み
『忙しすぎて・・・が続いて』
『知らぬ間に効率までも、グーンと急降下』
『契約も決まらず・・・・』
『目標達成にも赤信号が・・・・・』
そうなんです!
大変なんです!
とても良くない状況なんです!
考え得る中で『最悪!』と叫んでも良いぐらいの・・(笑)
確かにへこみはするのですが
悩んでいても状況は好転してくれませんので
なんとか気持ちを切り替え
ポジティブに未来を考えることにしました、(さすが、早い!)
CADソフト導入は
現在進行中の業務改革の第一弾
今まで手作業にこだわってきた部分に
文明の利器を取り入れようというお話です
弊社に限らず
設計事務所やデザイン会社では
まだまだ手作業の神話のような
一時代前の常識がはびこっていたりします
『やはり手書きの感覚でなければ・・・・』とか
『機械に書いてもらうなんて・・・・』とか
特にアトリエ系の設計事務所
などに見られがちなように思いますが
夜遅くまで
せっせせっせと図面を書くことによって
『何のために・・・』という部分が
徐々に欠落してしまうのかもしれませんね
今回のキャドソフト
弊社スタッフにとっては
『そんなピンチの時』に見せられたデモンストレーションだからか
皆の目の色が久しぶりに違っていました
文字通り食い入るように見つめていたのです(笑)
しかも
実地で見せてもらった内容によると
弊社が今まで2週間程度の時間を必要としていたところを
およそ一日でクリア
おそるべきスピード、まさに驚愕です(笑)
それを目の当たりにしたスタッフたち
飛び交う質問も真剣な質問ばかり
まさに導入前提での実務に即した質問です
確かに大きな出費になりそうで
少し怖くもあるのですが(笑)
そんなものは
人材が成長してくれることに比べたら安いモノ(汗)
そして何より
『〇〇の課題を解決したいから〇〇を導入して下さい』
というように、
スタッフみずからが有言する事が
なにより重要だと思うのです
人は往々にして
決断することを嫌がったりします
決断には責任が付き物だから・・・・
それを糾弾されるのが怖いのか・・・・
ついつい見て見ぬふりを
してしまいがちな生き物なのだと思います
そんな点から言うと
今回のこのデモは大成功
少なくとも
このシステムを導入することによって
自分たちの業務を改善したいと思ったのだから・・・・
弊社スタッフの大きな第一歩なのだと思っています
さあ、あとの大きな問題は
弊社お目付け役の『P社』さんの稟議が通るか否か?
まあ、こないだ随分褒めておいたので
なんとかなるでしょうか?
これも楽しい生みの苦しみです(笑)
(BOSS)