京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
なっちゃん

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

なっちゃん

 

 

『いまごろ天国でとまどっているのでは?』
テレビを見ていてそんな風に考えてしまう


先日、踏切で倒れているおじいさんを助けようとして
ひとりの女性が亡くなった

報道では
女性の献身的な行為をたたえ
事故のあった踏切と花を手向ける人々の映像を流し続けている


でも、きっと本人は
『誰かが倒れている!』、じゃあ、『助けなきゃ』

それだけで、とっさに
条件反射のように

気が付いたら
飛び込んでしまっていたのではないだろうか?

明らかに自分の命、というものには
意識なく飛び込んでしまったのではないか・・・・

もしかすると
我が子のピンチに
すくっと立ちはだかる母親のような心持だったのかもしれない

まさしく無償の愛だ


でも、どちらにせよ
この日本にとって、いや地球にとって
大きな大きな損失であることにまちがいはない

口を開けば
他人をののしることしか考えていない隣国の一部の人や

徐々に個人という概念にまぎれて
我が国にも出没し始めている『ワガガマン』達に対抗するには

彼女のような人々が不可欠なのだ


事故の1分前までは
無名で普通の
優しい一人の女性であったであろう『なっちゃん』


不本意ではあるだろうけれど
貴女がこの国と人々に与えた影響ははかりしれないのです

そして伝説となった貴女の愛情にあふれる行為が
未来の人たちの心へ楔を打ち込み続ける事でしょう


心からの感謝と哀悼の思いをこめて

『安らかにお休みください。本当にありがとうございました』