京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
出発進行

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

出発進行

 

 

子供の頃から京阪電車の沿線に育ちました

住居と両親の職場が離れていたこともあり
物心ついたときから電車通学の
ちょっぴりませた幼稚園児だったのです

そんな訳で、京阪電車には毎日お世話になり
なにより馴染みの交通機関でした

特に中間駅で
『特急待ち』と称して
ビューんと追い抜かれるのですが

ホームで特急を見送る車掌さんの姿が
あまりにカッコ良く

『将来の夢は京阪電車の車掌さん!』などと
夢見ていた時代もあったほどです


京阪電車と言えば言わずと知れた『テレビカー』!

当時はテレビカーの存在に
何の疑問も抱いていなかった訳ですが
今考えてみると、あの時代にテレビカーというのは
かなりの飛び道具だったのではないでしょうか?(笑)

まあ、意外に映りが悪かったりするのですが
それでも子供心に乗りたくて乗りたくて仕方なかった記憶があります


今年3月
日本初のカラーテレビでブームを巻き起こした
京阪電車のテレビカーが惜しまれつつその歴史に幕を下ろしました

残念ながらこれであの茶色いテレビカーともお別れかと
多くの鉄道ファンをがっかりさせたのですが

この度、見事復活!とのうれしい知らせが・・・・。


富山地方鉄道では
20年前に京阪電鉄から車両を購入し
塗装を塗り替えテレビを取り外して
再利用しておられたのですが

廃止が決定した昨年から
リバイバル企画として
あの京阪カラーに塗りテレビを搭載した車両を走らせているのだそうです

なかなか粋な企画ですね

雄大な立山連峰をバックに走るテレビカー
しかもてくてくと2両編成です
かなり面白い風景だ

富山に行く時の楽しみがまたひとつ増えたようです