京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
りゅうず瓦

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

りゅうず瓦

 

ryuuzu.jpg  

平等院の鳳凰堂の竜頭瓦(りゅうず)です

約6mの降棟を体に見立てたのでしょうか
その先端が竜の頭になっているのです

見事な装飾ですね・・・・。

現代ではめっきり少なくなった瓦葺
まして、鬼瓦を注文される方など
現代の建築業界では絶滅危惧種に指定されるかも


平等院鳳凰堂は1053年に誕生しました
藤原頼通が極楽浄土を模して建立したのが始まりです

この竜頭瓦はもう少し後の時代のモノのようで
そもそも、最初は瓦ですらなかったとか

こんな大きな社寺でさえ
時代の変遷とともに
変化していくのでしょうね・・・・・。


しかし、やはり木造建築は素晴らしい!
日本人の誇りと言っても良いのではないでしょうか?

この建築物は約1000年近く存在している計算になります

そしてきちんとメンテナンスしていけば
まだまだ何百年もその姿は存在し続けるはずです

いかに技術の粋を集めて作られたと言っても
スカイツリーやグランフロントが
西暦3000年に残っているとは到底思えません

そんなこんなをいろいろ考えると
やはり、木造は素晴らしい!という結論しかないのです!


人間はDNAの99%がお猿さんと一緒と言われています
そして、なんとなく高いところに登ると気分が高揚したりします
きっと、木登りしていた太古の昔から
木との相性は抜群なのだと思います

だから、私はHABITA(ハビタ)が好きなのかもしれません