京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
たま駅長の古希

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

たま駅長の古希

 

tama.jpg  

たま駅長14歳に!

人間であれば70才だそうです
なかなか、お元気で・・・・・。


私も2010年に、たま駅長にお会いしたことがあります
もっとも、ずっと寝ていらしたので
目もあわせていただけませんでしたが(笑)


廃線の危機に瀕していた貴志川線が
岡山県に本拠を構える両備グループに経営移管され
和歌山電鉄として再スタートした2006年

両備グループの小嶋光信社長と
三毛猫『たま』との運命的な出会いがありました

社長さんは当時の事を回想し
『びびっ!と来た』と笑いながらおっしゃっていますが

実はこのかたこそ『たま駅長』の生みの親
本当にすごい経営者さんなのです


『たま』のもたらす経済効果は
毎年11億円以上

肩書は
『スーパー駅長』
『和歌山電鉄、社長代理』

そして和歌山県から
『観光招き大明神』
『和歌山勲功爵』の称号も与えられています

私も貴志川線に乗ったのですが
終着駅の貴志駅は
実際行ってみると
全く何もないただの田舎の駅なのですが

そこにいる駅長の『たま』を目当てに
スゴイ数の人が集まってくるのです

ついに保険会社のCMにまで登場し
名実ともにトップキャラクターとなりました


こんな一連の出来事を振り返ると
やはり工夫次第で物事は
どうとでも転がるのだと認識させられます

やはりアイデアと熱意の掛け算が
もっとも重要なのですね