京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
たかがトイレ

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

たかがトイレ

 

河童が覗いたトイレまんだら (文春文庫)  


お客様と打ち合わせをする中で

トイレや洗面の水回りのお話しが
なかなか興味深く面白いのです

人それぞれに色々な主張があり
『ヘキ』と言っても良いような
様々な習慣をお持ちだったりします

『必ずトイレで本を読む、そうでなければもよおさない!』
と言い切る方や

『もっと大きく、もっともっと大きく』
と4畳間ぐらいのトイレを希望されたりとか・・・・。

しかも、そこのこだわりは結構強硬であったりします(笑)
(ほとんどが男性で、奥様の反対で結局挫折されますが・・・。)


かなり前の事になるのですが、
冒頭で紹介している妹尾河童さんの
『河童が覗いたトイレまんだら』に出会いました

各界の著名な方のトイレを
河童さんが上からの俯瞰でイラスト化し解説された本です

とても楽しく読ませていただいたのですが
打合せの中で感じるビックリ感も
通じるところがあるのかもしれません(笑)


トイレと言えばTOTOが有名ですが
そのTOTOが毎年夏に募集しているトイレ川柳も
そんな秘かな面白みにあふれています

応募総数2万6525句のエントリーから選ばれた
昨年の最優秀賞は

『生涯の決断だってするトイレ』でした

なかなか深みのある一句ですね(笑)

少し恥ずかしく
そして密やかな場所であるからこそ

『へぇー』と驚くような打ち明け話として
自然と面白みが増してしまうのかもしれませんね(笑)

『トイレ道』 なかなか奥は深そうです