京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
アベノミクスと金利

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

アベノミクスと金利

 

furattakinnri.jpg  

フラット35の
4月の住宅ローン金利が発表になりました

なんと!史上最低を更新し
35年固定で1.8%、

35Sという優良住宅向けのローンは
当初10年間さらにそこから0.3%優遇を受けて1.49%まで下がっています


アベノミクスによる景気回復とともに
金利の上昇リスクが話題に上り始めましたが

どうやらまだまだその歩みはゆっくりとしているようです

この調子であれば
金利が上がり始めたタイミングを見定めてから
借り換えを検討しても良いかもしれません


ただ、あなどるなかれ
金利の1パーセントと言えども
35年間借りるとなると莫大な金額が変わってきます


仮に3千万円の住宅ローンを組んだ場合を見てみると

金利1% 
毎月8万5千円 総額3557万円

金利2%
毎月10万円 総額4174万円

金利3%
毎月11万6千円 総額4850万円

どうでしょうか?
たかだか2%の違いと言っても
総額に直すと実に1.36倍にもなり

1300万円ほど余分に支払うというわけです・・・・。ああ、おそろしか!


長期的に見た時
確実に金利は上がっていくと言われています

弊社ではそんな現在の状況もご説明しつつ

安全サイドに立った考えから
35年間固定のフラットの検討ををお奨めしています

なによりこの先の支払総額が
すべて最初に決定しますので
将来の金利上昇によるリスクが存在しません

ローン金利の上昇にビクビクするのではなく
精神的なゆとりを持って
『心がゆたかになる生活(くらし)』
を実現していただきたいと考えているからです


家という人生最大の買い物

実はその満足度は
その瞬間の価格や仕様と
かなわずしも一致しているわけではありません

長い長い人生という時間の中で
大好きな自宅に住み続けることにこそ
大きな価値があるのだと思います

値段も仕様も金利もその他もろもろも
考えなければならない事はたくさんありますが
是非、楽しんで家づくりに取り組んでいただけたらと思います


困った時は迷わず声をかけてください!
超特急で飛んでいきます(笑)