京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
たかが弁当されど弁当

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

たかが弁当されど弁当

 

karaage.jpg 

先日の仕事中の出来事です

南丹市での現地調査が一段落し
時計を見たところ
丁度お昼前だったので

道路わきのお弁当屋さんで
お弁当を購入することにしました

いわゆる
『ホカ弁屋さん』のような風情の
小さなお店です

ただ、あきらかにチェーン店とは違い
写真入りのメニューもないし
大きな看板もありません

気を付けて見ないと
通り過ぎる人もいるかも?
というような
地味目の雰囲気です


店頭の黒板に
『からあげ弁当 500円』

(それだけかよ!)

他にもメニューはあるのでしょうが
目立ってそれらしいものは見当たりません

まあ、から揚げ弁当が嫌いではないわけで
まあ、どちらかといえば好物なわけなので

できあがりを待つことに

その間にも、
地味目の外観とはうらはらに
意外とたくさんのお客さんが来店されます

台数のとれる駐車場は
あっという間に満杯

おまけに
ご主人らしき人が
軽自動車にお弁当を積み込んで
配達にも出かけられます

察するところ
かなり地元の信認は厚いご様子です


そうこうするうちに
お弁当が出来上がりました

お味噌汁抜きで
450円(安い!)のお支払いを済ませ
車に乗って次の仕事へ

現地に到着し
時間のあることを確認して
さあ、昼食タイムです


から揚げも、お漬物もとても素朴な味わいです

家庭の味とでも言うのでしょうか?

普通の人が
普通の味付けで
普通の作り方をすれば

多分こんな味になる、という見本のような味です

でも、それがやけにおいしかった!

特にお米のおいしさたるや、
最高!と叫んでもよいぐらいなのです


昨今のお店は
効率化や標準化や経済性を求めるばかり
どうしても冷凍食品や半製品に頼りがちです

確かに
安価でそれなりの味だったりするので
便利な事は便利なのですが

やはり、なんとなくおいしくないのです

独特の冷凍食品味、というのでしょうか?
不思議と、わかっちゃったりするんですよね、・・・。


この小さなお弁当屋さんに
少し感動してしまいました

それは、『大事に考えている部分』に共通項を感じたからだと思います
(あのおじさんが意識してそれをやっておられるかどうかはわかりませんが、笑)

新鮮なものを新鮮なうちに
奇をてらわない味付けで調理し
温かいうちに提供する

そんな当然の事が
最も人を感動させるコツなのかもしれません


『古くからの良きことを、今の方法で』

我が社のコンセプトでもあります


※写真はイメージ写真です