京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2013年】
>
私のしごと館

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

私のしごと館

 

sigotokann.jpg

精華町の学研都市

大変ゆったりとした
綺麗な街並みです

京阪奈の三県にまたがるプロジェクトとして
すいぶん前から様々な資源が投入されています

国立国会図書館など
関西を代表する建築物も
あちらこちらに存在し

建物好きな私は
それらを眺めて回るだけでも
ワクワクします


そんな地域に
「私のしごと館」なる立派な施設が

ガラスをふんだんに使い
それはそれは素晴らしい建物

それもそのはず
2003年当時
581億円の巨費を投じて
建てられたとか

今ではさすがに考えられませんね

みんなの党の渡辺喜美さんが
自民党の行革大臣の時代に

無駄の象徴と位置付け

スケープゴートにしておられた事を
覚えておられる方も多いと思います


今回その建物が
無償で京都府に譲渡されることになりました

朽ち果てていく
ガラスの箱を
さすがに何とかせねばいかんと
国と府が合意に至ったようです


子供が小さい時分に
行ったことがあるのですが
仕事体験というそのコンセプトそのものは
素晴らしく
何時間も待たされるほどの盛況ぶりでした

ただ、そんなに盛況であったのも関わらず
収益が出ないという事こそが
本質的に間違っていたのだと思います


さあ、京都府の皆さん
これからが大変です

無償譲渡を受けた以上
過大な設備投資を言い訳にはできません

当然必要となる
維持費さえ出せないとなると
経営能力を疑われてしまいます

ここからが腕の見せ所ですぞ!


なにかの研究施設になるようですが・・・・。
以下私の私見です


当時から職業研修は大賛成でした
(子供の頃、働くおじさん、が大好きでした)

できればその機能は残し
そこで稼いだ模擬貨幣で
食べたり飲んだり遊んだりできるように
してあげて欲しいと思います

本当の意味の働く喜びが疑似体験できるように


それか、いつものアイデア
お寺のテーマパークだな・・・・。