京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
娘さんよく聞けよ

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

娘さんよく聞けよ

 

あー、流石にネタ不足!

楽しみに読んで下さる
お客様がいらっしゃるとの
弊社マネージャーT氏の言葉に踊らされ

力の続く限り
取組んでいるブログではあるのですが
かなりポンコツ化してきているような気がしてなりません

駄文であることに
疑いは抱いていないのですが
少なくとも読んでいただいた皆様に
有意義な情報の一つも
お伝えできないのでは
何の価値があろうと?

特にファイスブックに連携するように
なってからのプレッシャーたるや半端ない!

目を皿にして
面白い事探しの毎日です


そんな訳で今日は身近な話題

クリスマスでもある事ですし
娘が生まれた頃のお話を・・・・・・・。

===================================

初めて授かったあまりに小さな命に

かわいさを感じるより以前に
不安で仕方なかった事を覚えています

夜中に急に
『死んでへんかな?』
と不謹慎な事を考えてみたり

くしゃみしただけで
『医者や、医者』とあわててみたり

しかも しかも
生まれて一週間目に
阪神淡路大震災が発生

京都南部の大きな揺れに

日頃はひとたび寝入ったら
何が何でも起きない私が

その日ばかりは
一瞬のうちに娘に覆いかぶさりました

でも母はもっと強し
すでに覆いかぶさってた家内を
あいだに挟んで
親ガメ、子ガメ、孫ガメ状態

今となっては良き思い出です


我が子をほめるのはまさに親ばかなのですが
気の強い両親に似ず
おっとりしてるけど明るい優しい子供だったように思います

男の子なら未来少年コナンが理想
女の子ならアルプスの少女ハイジが理想
常々そう考えていたのですが

ありがたい事に
天真爛漫を絵にかいたような
まさにそんな子供時代でした


家内が幼稚園に通う娘に
こっぴどく怒られた出来事があります

車で幼稚園の送り迎えの最中
時間にいら立つ家内の車の前に
あきらかに遅い車が

見るとどうやらかなりのご高齢の方が運転中

家内曰く、
『歩く人にも抜かれる』
ぐらいのありえない遅さで
走行していたそうです


『もぅー何考えてるん、遅すぎる!』
『辛気臭い、さっさと行って!』

まぁ、そんな程度の悪態だったと思いますが・・・・
運転しながらオジイさんに向かって
ブツブツ文句を言ってたそうです

それまでいつものようにニコニコしながら
助手席にちょこんと座っていた娘

お年寄りを非難する家内に向かって
みるみる表情が曇りました

そしてついに
大粒の涙をぽろぽろと・・・・

『えー、どうしたん?』
とうろたえる家内に向かって

毅然とした大声で

『アカン!そんな事言うたらアカン!』
『お母ちゃんが言うたらアカン!』

『ハルは幼稚園でお年寄りは大事にしなあかんって教えてもろた
だからお母ちゃんがおじいちゃんにそんなこと言うたら悲しい!』

『絶対アカン!、オジイちゃんにあやまり!』

そう言いながら、おいおい泣いたそうです(涙)

それを聞いた家内が
『ごめんな、ごめんな』と謝りながら
涙をぽろぽろこぼしてしまったのは言うまでもありません


月日は流れ、娘も高校三年生
来年は大学生になります

大柄な両親のせいでしょうか
身長は170センチを優に超え
横幅もかなりの風格
到底ハイジではなくなってしまいました

ソファで寝てしまう姿は
大きく口を開け
ぐわーっ、ぐわーっと
当時の面影さえありません

世の娘さんの例にもれず
お父さんの事も
やはり少し苦手なようで

愛にあふれていたとしても
小言を言い出すと
ぴゅーっと逃げ出してしまいます


でもね、心根が変わってないのは知っているつもりです

トムとジェリーのような弟との関係や
テレビを見てぽろぽろ涙する姿からは
小さなころが思い起こされるのです

成長していく我が子の姿は
まぶしくもあり
切ないものだなと思います

もうすぐ巣立っていくのだと思うと
少し寂しくもあります

親子共に年を取ったという事なのでしょうね・・・。

==================================

なーんてね、ちょっと娘を
ヨイショしてしまいました

なぜって?
かくし芸のKARAの振付を
教えていただかねばならないからです

目下の私にとっては一番の関心事
まさに死活問題なのです!