京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
日本を、取り戻す。

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

日本を、取り戻す。

 

jfairu.jpg 

 新しい政権の誕生が確定し
まだ数日しかたっていないが

矢継ぎ早に様々な
情報発信がなされている

かなりのスピード感だ

内容も練りこんであるようだし
何より今までの与党にありがちだった
人によるちぐはぐさも感じない


臥薪嘗胆という言葉があるが
まさにそのような想いなのだろう

3年3か月の時間は
かなり彼らを筋肉質にしたように感じている

選挙後
大勝に浮かれている人が
誰一人いなかった事がその証左なのか


勿論の事
彼らの本丸は
来夏にある

そこで大勝して
初めて勝利と言える

そしてその勢いを持って
60年分の論議へと進んでいきたいという事なのだろう

結果はどうあれ
そろそろ議論を始めるタイミングなのは間違いない


先ごろお亡くなりになった
政治評論家の三宅久之さん

私自身も大好きな方であったのだが

その三宅さんが
何よりセカンドチャレンジする総裁を
応援していたことは周知の事実である

草葉の陰で
現状をどのように評価しておられるのだろう
感想を聞けないことが残念でならない


実は私は

どのような政権であったとしても
どのようなリーダーであったとしても
(自分の身の回りの些末な事でさえ)

皆の負託を受け選ばれた人へは
いつも心から応援するようにしている

常に頑張ってほしいと願っているし
常に期待もしている

うるさい事も沢山言うけれど
決まった事に文句を言わない
という事を大事な事だと考えている

心のすごく弱い人間なので
常に前向きでポジティブでありたいのだ


そんなだから
期待が大きすぎて裏切られることも多い

まさしくこの3年間もそうだ
ほとんどの有権者と同じく


でも、今回は期待が持てそうだ(とまた大きい期待をしている)

もしかするとこの20年に渡る曇り空から
燦々と晴れ間がのぞくのではないか
とすら考えている

期待は応えられるためにあるのだし
願いはかなえられるために存在する

3分の2を超える付託とは
そうあるべきだとおもう


まぎれもないラストチャンス
国家存亡の危機なのである

私自身も大いなる関心と大いなる期待を持って
応援したいと思う、いつものように

皆が想いを一つにして願い行動すれば
意外に簡単な事だと思うから