京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
三和土(たたき)初体験

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

三和土(たたき)初体験

 

tataki.jpg 

和歌山県は湯浅町の子供たちが
三和土土間づくりを初体験したそうです


『三和土』

かつて弊社スタッフでも
『さんわど』と読んだ人もいたのですが(笑)
正確には
『たたき』と読みます

伏見の深草土などの
花崗岩・安山岩由来の赤土と
石灰・にがり(水)を混ぜて作ったもので

セメントが普及していないころの
代表的な土間手法でした

現場で左官の職人さんが
ほんとうに
バンバンバンバン叩いて
仕上げていきます

その様子を見ていると
確かに『たたき』と読むしかないわな・・・。
と妙に納得してしまいます(笑)

三種類の材料を混ぜたことから
こんな当て字が誕生したんでしょうね・・・・。


子供たち
さぞかし、楽しかったでしょうね

最近こんなお話を
よく耳にするようになってきました

うしなわれた10年が
いつの間にやら20年になってしまいましたが
そんな時代へのアンチテーゼも含めて
静かな揺り戻しが起こっているのかもしれません


素晴らしい事です

弊社でも
そんな取組が出来ないか?
さっそく考えてみたいと思います