京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
死亡まで30分、でも否決

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

死亡まで30分、でも否決

 

fukusimadaiiti.jpg 

フクイチの1号機で
10300ミリシーベルトの高線量が計測されました

30分程度で
人間が死んでしまう線量なのだそうです

事故から1年と3か月

放射線のなんと恐ろしか!


27日に東京電力や関西電力の株主総会が開催されました

特に関西電力の総会は
橋下大阪市長などの登場で
話題を集めたのですが

レポートを読む限り
ひどい議事であったように見受けられます

株主提案は
ことごとく、否決されました


再稼働に対して
国民は無力を思い知らされました

ここ数年間の
原発稼働は仕方ないと
考えている人も
かなり居たと思うのですが

なんとなく
ここまで露骨にやられると
余計に腹が立ちます


時間をかけての
脱原発依存もどこへやら
原発まっしぐらの
危険性さえ漂っています


でも、現地では
いまだに人の住めない街があることも
これまた事実


人間はつくづく
忘れてしまう生き物なのだと
思い知らされます

釈然としません