京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
戦争の記憶

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

戦争の記憶

 

 cindy.jpg 

その店は
かつて米軍基地の兵隊により繁栄した
宜野湾市、普天間にあります

最近やけに登場する
あの基地のある場所です


ベトナム戦争当時そのままの店内は
まるで映画や小説の世界にタイムスリップしたかの錯覚にとらわれます

50年代のジュークボックス

ジージーと音を立てる
ネオン管


実は私の大好きな

来沖時に
時間が許せば
足を延ばしたくなるお店なのです


店の名にある
シンデイさんは今は第一線を引かれたようですが
Aサインを掲げる伝統はいささかも変わっていません

店内の壁には
びっしりと1ドル紙幣が・・・・。

戦地に赴く兵士達が
無事に帰ってこれるようにと
願かけのお札だったのです

『帰ってこれなかったんだね』
とシンディさんは呟きます


私たちが子供の頃
そんな日常がありました

内地に住む人間には
その切なさは伝わっていません


今は憧れのリゾートアイランドです

そして揺れる県民感情は
映画の中の一コマに感じられています


でも、そこには
まがうことのない戦いがあり
そして残念ながらその戦争は
今も続いているのです

それが、沖縄の現実です