京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
県民性と国民性

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

県民性と国民性

 

megane.jpg 

サンケイの特集で
ニッポンイチ紀行というコーナーがあります

なかなか興味深く
いつも拝見しています

その中で
社長の数日本一が福井県である

という記事を見つけました

人口10万人当たりの
社長さんの数が
日本で一番多く

1754人も輩出しているとの事


なかなかに面白い統計です


興味をひかれたというわけで
その他にも福井県の特徴を調べてみました


古くから豪雪地帯ゆえの
冬場の家内製による織物産業が盛んで

現在においても
繊維産業では全国有数であること

また、眼鏡製造では
国内シェア95%以上と驚異の割合です


そして
全国的に見て
三世代同居の確率が高いため
おばあちゃんに孫を預けて
共働きできる環境が整っているのも
福井県の特徴です


しかも預貯金額も全国一番・・・・・。

素晴らしい・・・・。


しかも、福井県
実は堅実なだけではなく

戦後全国で初めて下水道が出来たり
地デジ化率が一番だったり
何かと話題の原発を初めて誘致したり
経営者の公的融資利用率が高かったり

などなかなかアグレッシブな
県民性も持っているようです


とここまで
いろいろ書いてきて気づいたのですが

福井県の県民性は
まさに世界から見たときの日本

ザ・日本 そのものじゃありませんか?


勤勉で貯蓄熱心で
器用で、ぷちアイデアマンで・・・。

一昔前に
世界からそこそこ尊敬されていたころの日本に
とても通ずるものがあるように思います


福井県の皆さんを見習って
今こそ素晴らしい日本の在り様を
問い直す時期なのかもしれません