京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
虐待超えて タエコの40年

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

虐待超えて タエコの40年

 

taekono40nenn.jpg 

お気に入りのMSN-WESTで
ものすごく心が揺さぶられる記事を発見しました

皆さんにご紹介します


『児童虐待』

悲しいことながら
最近本当によく見聞きするようになりました

きっと昔から存在していたのだろうけれど
最近報道されるそれは
常軌を逸している、としか思えない内容ばかりです

ただ、そこへいくまでの過程や
本人たちの心情が今一つ見えてこないためか

多くの人にとっては
現実感に乏しいのもこれまた事実です


私にも忘れられない一言があります


かなり遅くに結婚した友人がいるのですが

彼は仕事もできて頭も切れる
そしてかなり男らしい

そんなかなり魅力的な人物だったので
普段から不思議に思っていたのですが

なぜ、遅くまで結婚しなかったのか?

というような質問に対して

『遅くから結婚したら
子供がいなくても、不思議じゃないだろう』と言うのです


『子供はいらない』

と断言する彼に、その理由を尋ねると

『必ず、虐待してしまうだろうから』と

確かに彼の生い立ちの中での体験は
友人たちの間でもかなり有名なおもしろい話なのですが

それはむしろ彼が当時の事を
おもしろおかしく仕立てているからなのだと
気付かされました


当時の彼の心境を考えると

軽々とは

『子供はかわいいよ』と言えない自分がいます

ものすごく悲しい事ですね


タエコさんの壮絶体験
普通であれば
蓋をしてしまいたい過去なのでしょうが

少しでも虐待が少なくなるならと

講演に活躍しておられるとの事
本当に頭が下がります

我がワイズメンズクラブでも是非一度
お話が聞けるように考えてみたいと思います

是非皆さんもお読みになってください
よろしくお願いします

【虐待越えてタエコの40年】