京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
デザインの力

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

デザインの力

 

poruche.jpg 

お客様とお話しているときに
しばしば、『良いデザインとは?』というお話になります

これに関しては
定義が違う事なので
正解というものは存在しませんが
それでもデザイン好きな人たちの間では
議論が起こるものなのでしょうね

私自身は
『時間の経過にも陳腐化しないもの』
という定義を大事にしています


例えて言うと
初代ポルシェ911のデザイン

1963年に27歳の
フェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェ
の手により世に出たデザイン

50年後の現在でもそのデザインからなる系譜は
脈々と続いています

一目でポルシェとわかるそのデザインが
商品のロイヤリティーを
引き上げ続けている良い例です


おもしろいのが

同じ形に見えているのですが
旧型と新型を2台並べてみると
そのディティールが全く異なっていることがよくわかります

ヘッドライトの部分など
『カエル顔』の愛称通り
特徴的なファニーフェイスはかわらないのですが

全くと言っていいほど
角度が違うのです

現代のカエル顔は
空力を考えたあげく、ぐぐっと傾斜が大きくなっているのです

細かい部分を見ると
全く別物なのですが
全体的には誰からもポルシェとわかるデザイン


私自身はこんな部分が
デザインの持つ力であり凄みなのだと考えています


フェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェ
また一人、素晴らしい20世紀の傑物がお亡くなりになりました
謹んでご冥福をお祈りいたします