京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2012年】
>
阿蘇山大噴火!?

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

阿蘇山大噴火!?

 

写真 (2)  

年末から年始にかけて九州に行ってきました

奥さんのお父さんの里に
お参りをかねての民族大移動です

グランドキャビンというトヨタの10人乗りの
大きな車を借りて
福岡から長崎は佐世保、熊本や阿蘇
各地を観光しながらドライブドライブ

とは言っても
運転手は君だ!と指名を受けたのは
やっぱり小生でありました

運転は全く苦にならないので
喜び勇んで運転していたのですが
なかなかこれが良くできた車です
大柄なんですがすごく小回りが利き
運転しやすい事、この上ない

元来、車は家だ!をモットーにしているので
大きな一戸建てのようなこの車は
ある意味私の理想の形なのかもしれません

いっぺんにファンになってしまいました


写真は阿蘇山の火口を取ったものです

阿蘇には何度か訪れているのですが
いつも天気が悪かったり、火山ガスが出たりで
火口を眺めることが出来ませんでした

この日も料金所で
『ガス濃度が濃くなっているので、緊急で下山してもらうことがあるかも』
と言われたのですが

抜群に良い天気の中
『まさかそんなことにはなるまい』
と高をくくり
ぼったくりとも思える料金を払い
車で火口脇の駐車場まで登って行きました

車を降りると
さすがに硫黄のにおいが鼻につきます

それもそのはず
火口までは100mほどでしょうか
吹き出す噴煙がすぐそこに迫っています

スタスタと義父と義兄が火口に向かって歩いていくのを
急いで追いかけようとしたところ
息子が横で
『あかん、吐きそうや。。。。ウッ、ウッ』
と今にも噴火しそうです

図太そうに見えて
実は何事にも敏感な彼にとっては
揺れる車以上に
硫黄のにおいがきつかったようです

あわてて家内がトイレについて走ります

親類たちは
火口まであと少し

『ガスが出てきました、急いでくださいよ!』

係員の方のなかば怒鳴るようなセリフに焦りは募るのですが
子供を置いて見に行くわけにもいかず・・・・。


と、その時です
トイレの壁の上のほう設置してあるサイレンが
赤く廻り出しました

不気味な雰囲気です
観光客の間にも緊張が走ります


『ピンポンパンポーン、
ただいま火口のガス濃度が著しく高くなりました
身体に危険を及ぼすことが予想されます。ただちに避難してください!』

というようなアナウンスが・・・・。
観光客の間に一気にパニックが拡がります


火口への入り口のチェーンも即刻閉められ
係員さんが火口周辺の観光客を
バタバタと両手を振って追い返しています
まるで牛追いや羊飼いのように・・・・・・・。

よく見ると係員さんの口には
酸素ボンベのマウスピースが・・・。

まさに蜘蛛の子を散らすように
観光客が走って戻ってきます

あわてて息子をトイレから連れ出し
車に乗せてエンジンをかけて待機

じりじりしながら待つこと3分
戻ってきた義兄は

火口の写真撮ってる時に、
『そんなことしてる場合じゃないですよ!』
と偉く怒られたそう

気管支の弱い姪っ子に至っては
途中で意識が途切れそうになり
ほうほうのていで車まで這いもどり
その日の夜まで寝込んでしまう始末です


火山ガス恐るべし!
阿蘇では
よくあることなのかもしれませんが
なかなか恐怖体験でありました

やはり自然の脅威
あなどれません


そんなわけで
またぞろ火口観賞はお預けです

こんなに熊本好きなのに、ご縁がないのでしょうか?(笑)