京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
身近なところに

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

身近なところに

 

ichimonbasi.jpg 

長岡京市と向日市を隔てる小畑川にかかる 
一文橋という橋があります 

実はここは京都と遠く大宰府を結ぶ 
かつての山陽道にかけられた橋 

皆さんには江戸時代以降の 
西国街道という呼び名の方がしっくりくるかもしれません 


実はこの一文橋 
今でいう有料道路の発祥の地だと言う事 
皆さんはご存じだったでしょうか 

小畑川ですが 
追ノ坂から流れ出し 
長岡市内を横切り 
桂川にそそぐ河川なのですが 

大雨が降ると洪水を引き起こす 
いわゆる暴れ川と言う川で 
室町時代には随分住民を困らせていました 

一文橋も、その度に流され 
再建費用が幕府の大きな負担となっていました 

そこで渡る人々から一文の通行料を徴収し 
橋の再建費用に充てられたとか 

ただ貧しい者にとっては 
その負担ゆえに 
通行料を払わずに橋を渡ろうとして 
橋守りに切り捨てられた人がいたそうです 


『知らぬ顔の半兵衛』という言葉がありますが 
貧しい者が渡るのを知ってて見過ごした 
心優しき橋守りの半兵衛さんが 
語源となっているとのお話 


いつも仕事中に何気なく渡っていますが 
その橋にもこんなストーリーがある 

やっぱり京都はすごい街なんですね