京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
あるべき姿

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

あるべき姿

 

konakona.jpg 

11月22日の静岡新聞に素敵な記事を見つけました 
是非とも皆さんにご紹介したいと思います 


ことし2月、浜松市中区に 
一軒のお好み焼き屋さんがオープンしたそうです 

その名は『こなこな』 

知的障害者10人で切り盛りする 
小さなお店です 

経営するのはNPO法人の 
地域生活応援団あくしす、です 

副理事長の小田敏行さんは 
「障害者が地域で普通に生きるとは何かを以前から考えていた。 
やりがいや責任を持ってしっかり働き、納税するのも普通ということなのではと思った」との事 


これこそがあるべき姿なのだと思います 
あるべきままを受け入れて、配慮はしても、特別に扱わない 
そんな簡単に思える事さえ 
なかなか難しいのが現状です 

このお店に行きたくなりました 
家族や友人を連れて・・・・。 

なんとしても応援したくなりました 
皆で応援しましょう 

こんな記事を見つけた時
なぜか、なみだがでそうになります
年をとったのでしょうか・・・・・?