京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
土台

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

土台

 

fujiiteidodai.jpg 

たまには建物の話をしなければなりません 
こう見えても、建物を建てる会社の代表ですから・・・・。 


写真は現在建築中の住宅の
基礎と土台の写真です 

グレーに見える部分が 
コンクリートの基礎と呼ばれる部分 

少し茶色に見える部分が 
土台と言われる木製の部分です 


この『土台』という言葉 

日常でも頻繁に使われる言葉でありますが 
意外に建築上でのきちんとした意味は 
知らない方が多いように思います 

そこで、デジタル大辞泉で調べてみました 

[名] 
1 木造建築の骨組みの最下部にあって、柱を受け、その根本をつなぐ横材。建物の荷重を基礎に伝える。 
2 建築物の最下部にあって、上の重みを支えるもの。基礎。「―石」 
3 物事の基礎。物事の根本。「信頼関係を―から揺がす事件」 
[副]根本から。はじめから。もともと。「―無理な相談だ」「―勝てるはずがない」 

さすが、辞典です。上手に説明してあります


時々、土台と基礎を混同してる方がいらっしゃいます 

建築的には、基礎は基礎 

そして、土台と言うのは 
写真中の木製の部分だけを指します 

この土台の上に柱がニョキっとたちあがり 
その柱が梁と呼ばれる横向きに太い材料で結ばれて 
構造体が出来上がります 

辞典の意味にあるように 
建物の根本にある非常に重要な部分であるため 

一般的な 
さまざまな言い回しにおいても 
活躍しているのだと思います 


さあ、もう少しで棟上げです 
事故の無いようにもうひと踏ん張りです