京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
大臣発言へ噛みついた

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

大臣発言へ噛みついた

 

edanodaijinntoudennkyuuryou.jpg 

枝野経済産業省が 
「東電の役員報酬が高すぎる!」と批判した件に対し 

経団連会長の米倉さんという方の噛みつき方が素早かった 

「一方的に話をするな! 大きな責任は政府にある」と 
そうです、確かに政府の責任は大きい 

でもそれとこの話は全く別 

一般論として東電の在り方からすると 
確かに高額年棒は矛盾に満ちている 
と私だって思います 


米倉会長、お顔は七福神のようですが 

財界総理などと言われ 
かなり力量のある方だそうで 
その手腕は剛腕と言っても差し支えないそうです 

でも、国民感情からするとどうなのでしょうか? 

ネットなどではすこぶる評判が悪いようです 

多分、この国が大企業だけで成り立っていると 
考えているのでしょうね 

それとも、年をとると 
あまり、人の気持ちを考える事はしなくなるのでしょうか? 
かなしい事に。 

いくら経団連の副会長の会社だからって 
そこまで露骨に肩入れすると 
何か裏が透けて見えるようで気持ち悪い・・・。 

東電の今後の在り方(残し方)が 
この国のモラルハザードのステージを占う 
試金石になっているように思うのですが・・・・。 

枝野大臣、もっと言ってください!