京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
転換点

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

転換点

 

bakuhatu.jpg 

ずいぶん長い時間が立ったように思う
しかし、実はまだ半年しか経っていない

この間、様々なボランティアに参加し
色々な人と話をした

人々は皆、口々に怒りをあらわにする
優しい日本人たちが、憤っているのだ


共同通信の菅元首相へのインタビューが世間を騒がせている

一時は3000万人の避難も考えた、という言葉には
確かに背筋が寒くなった

朝鮮学校無料化のような姑息な最後っ屁を残した人だから
全部を信じるわけでないにせよ
250km圏内が高濃度汚染されたら
確かにすごい人数だ・・・・。


東京電力は本当に撤退すると言ったそうだ・・・・。

全く、意味がわからない。何を考えているのだか・・・・。

福島の子ども達が訴えたように、
本当に子どもの頃に勉強してこなかったのかもしれない
少なくとも日本人としての品性には著しく欠ける人々だ

きっと、自分達がしでかした事に
ものすごく無関心なのであろう

「政府の言うようにやってきたから、責任はない」
と考えているのが、プンプン臭って
あぁ、みっともない

原子力村の人々が
個人攻撃すべきでない、という学会発表を行った(後に修正)

バカも休み休みにしてほしい

確実に責任は大きいぞ!
イタリアでは大地震を見過ごした地震学者の刑事裁判が始まったそうだ

少なくとも、大津波への対策が議題に上っていた事が明らかになった時点で
通常は業務上過失致死を問われてもおかしくない事案だろう

確かに不可抗力の天災が引き起こした出来事ではあるが
全員が無関心すぎないか?
特に決断し推進していく人々が頼りなさすぎないか?


福島の人たちへの責任

被災地の人たちの復興への責任

世界に対する国家としての責任

次世代にこの日本に生まれてくる子どもたちへの責任


私たち全員、すべての大人達に、大いなる責任があるのだと思います


今回の大震災と原発事故

私自身は明治維新や第二次大戦の敗戦に匹敵する節目だと考えている
ある意味産業革命だともいえるかもしれない

今こそ世界に誇れる、大好きと言える国になってほしい

こんなにいい加減な社会システムの中でも
世界に誇れる優しさを持つ人々がたくさん住む国なのだから
必ず良い国として生まれ変われるはず