京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
支援の輪

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

支援の輪

 

yuriagetiku.jpg 

海から数百メートルのその地区は 
押し寄せる大津波に飲み込まれ 
一瞬にしてすべてが無となりました 

車も、建物も、仕事も、生活も 
そして尊い人命さえも・・・・・。 

いとも簡単に・・・・・。 


京都YMCAからは 
今回で2度目の仙台へのボランティア派遣となります 

一回目のツアーでの反省点も踏まえ 
始めに訪れたのが 
写真の閖上(ゆりあげ)地区でした 

復興作業に使う 
砂利山の上から360度見渡した景色です 

ほんとうになにもありません 

見渡す限りの場所すべてに 
人の背をはるかに超える 
どす黒い水の塊が押し寄せたそうです 

そしてすべてを破壊し 
奪い去っていった 

その情景を思い浮かべようとするのですが 
残念ながらはっきりと像を結ぶ事はできません 


ボランティアに参加する人々 
自分も含めて、なぜ参加するのか? 
実は明確に説明はつかないのではないでしょうか? 

ただ、なんとなく居てもたってもいられなくて 
参加するという 「行動」 に移した、 
そんな感じなのではないかと想像しています 

少なくとも私自身はそんな感じです 


今回のメンバーの中で 
2度とも参加してくれた人がいらっしゃいます 

前回のツアーで本人いわく「ハマってしまって!」 
今回までの間に二回ボランティアに参加した女性 

前回と変わりなく、元気いの塊として 
皆を盛りたて引っ張っていってくれた男性 

前回と変わらぬ男前な仕事ぶりに加えて 
留学生を誘って参加してくれた女性 


皆それぞれに理由は違うだろうし 
明確でないかもしれない 

それでも何か人の役に立てればと 
そんな思いを持って参加していただいています 


30人での二日間のワーク 
とても小さな力です 

どんなに頑張っても 
簡単には元通りになりません 

でもなにより、 
その輪は着実に広がっています 
それがなによりうれしかった 



さあ、いよいよ考えねばなりません 

「たくさんの人が想いを持っている」 
その事実はわかりました 

じゃ、それをどう継続していくのか? 
我々が真剣に考えねばならない課題です・・・。 



岩佐さんという 今回お手伝いした 
山元町のイチゴ農家のご家族が 
おっしゃいました 

「ボランティアの方がどんどん応援してくれている、 
その気持ちに報いるためにも、 
なんとしてもクリスマスにイチゴを出荷したい」 


最初は廃業を覚悟されていたイチゴ農家さんの 
勇気あふれる決意表明です 

また、人々の思いが、何かを動かした瞬間なのです 

岩佐さんの復興を見て 
他のイチゴ農家さんが動かされるはずです 

そして、昔のように 
「もういっこ」というブランドが復活していきます 

仙台農林試験場、自慢のご当地ブランド復活が 
宮城県を元気づけます 
そして東北中に広がっていけばと、 

心から願っています 


いつの時代も 
人に想いを届けるのは 
人の力でしかありえません 

継続は力なり
やはり、益々忙しくなりそうです