京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
前倒し

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

前倒し

 

flat35.jpg 


8月1日のニュースです 
フラット35Sの1%優遇金利が前倒しされ 
終了となる事が発表になりました 

噂は以前より出ていたのですが 
ついに来た、というのが正直な感想です 

史上最低金利 2.39%まで来ていたので 
そこから1%優遇となると 
銀行の変動金利にも遜色が無くなり 
その差が数百万円になる事もある
建築主さんにかなりのメリットが出ていた政策でした 

実は新築住宅に対しての政策は 
昔から景気の底上げに対する効果が非常に高いのです 

それもそのはずです 
考えてみれば 
電化製品を買い替える 
家具を買い替える 
挙句の果てには車を買い替える 
などのタイミングとして 
やはり入居時が最も確率高く 
家具や家財道具、引っ越しやお披露目のパーティーにいたるまで
周辺を含んだかなり広範な住宅投資が促進されるからなのです 

しかし民主党の政策 
厚みや奥行きを感じないのは 
私だけなのでしょうか 

風が吹いたら桶屋が儲かる、的な考えが好きな私にとって 
風が吹いたら看板がコケル、的な民主党の考え方には 
あまり魅力的に映りません