京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
被災地を訪問して:3

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

被災地を訪問して:3

 

sendaiymca5.jpg  

7月17日、二日目の作業です 

実は作業内容は当日にならないとわかりません 
毎日地域のボランティアセンターで 
住民ニーズとボランティアの数などを 
勘案しながら割り振りがなされます 

ハードな作業もあれば 
さほどでもない作業もある 
とまあ、そんな感じです 

前日のまずまずハードと思われる側溝掃除の余韻が 
体のあちこちに残っていました 
恥ずかしながら密かに、ソフトな作業、ソフトな作業 
と心の中で口ずさんでおりました 

その甲斐あってか 
本日の作業は、イチゴ農家さんのお手伝い 
昨日ほど単調でもなく 
もしかするとずいぶん楽な作業かも・・・・ヤッター! 

山元町はイチゴの産地です 
小さな町に116軒のイチゴ農家があります 
仙台イチゴ、亘理イチゴとして東北随一の産地です 

宮城県の開発した『もういっこ』というブランドは 
近年ぐんぐん人気を伸ばしてきただけに 
今回の被災が悔しくてなりません 

良いお話も聞きました 
最初はすべてのイチゴ農家さんが 
『もうだめだ』とあきらめておられたそうです 

そりゃそうですよね 
見渡す限りのイチゴハウスが 
すべて津波に飲み込まれ 
すべて塩をかぶり 
農機具もなにもかもずたずたに引き裂かれた訳ですから・・・・。 

そんななかボランティアが数多くイチゴ農家のお手伝いに訪れ 
少しずつ少しずつ復旧のお手伝いをしているのです 

そんな名も知れない 
人達の気持ちに動かされ 
一軒、もう一軒と復興への決意を固めていったのだそうです 

現在8軒の農家さんが再生を決意しておられるとのこと 
まだまだ増えてもらいたいとのお話でした 

菊池さんというイチゴ農家さんのお手伝い担当となり 
立派な農家造りのお家を訪ねます 
1階はすべて水没したそうですが 
すこしづつ修繕し現在もお住まいになりながら 
いちご畑の復旧にあたっておられます 

そのお宅の前でも 
作業の割り振りがありました 

我々の作業内容はなんと 
ビニールハウス内の泥出し・・・・。 

またもや泥出し、全く楽ではありません・・・・。 

ハウス内に入り泥を掻こうと作業に入ります 
しかしビニールハウス内はとんでもなく暑く 
10分と作業することができません 

おそらく5,60度ぐらいはあるでしょうか 
例えるならサウナ風呂の中で作業するのと 
全く同じような条件でした 

学生のボランティアの皆さんは 
やはり元気ですが 
寝不足と筋肉痛と二日酔いを抱えた 
47歳はあまり元気ではありません 

むしろグロッキーに近い状態で 
若い皆さんにずいぶん気遣っていただきました 


今回の仙台行きで最も強く感じた事があります 

若者たちの目の輝きというのでしょうか 
本当になかなか大したものなのです 

47歳にはあまりにも過酷なスケジュールや 
ツアーの内容ですが 
彼らは口々に至れり尽くせりだと言います 

そして、お弁当をおにぎりに替えて 
もっと被災地を支援せよ、とまで言うのです 

この国もまだまだ捨てたものではないな、正直な感想です