京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
被災地を訪問して:1

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

被災地を訪問して:1

 

yamasitaeki.jpg 

宮城県山元町の常磐線、山下駅の風景です 

今回訪れた場所の中で 
なぜか一番せつない風景で
写真に収めねばいられない気持ちになりました

線路は果てしなく雑草で覆われ 
復旧のめどもまったく立っていません 

東京から宮城県内まで350kmに渡る路線 
ほとんどが沿岸部分 
福島県では原発から1kmと離れていない 
ところを走っています。 


昔、NHKで放映された 
未来少年コナンというアニメに出てくる 
のこされ島のようなイメージと書くと 
ピンと来る方もいらっしゃるかも知れません 

コナンというアニメも 
核(設定ではそれよりも怖いものとなっていますが)戦争後の不毛の土地 
が舞台となっていますが 
まさしく今回のフクシマの事態そのものだと感じてしまいました 


線路を挟んで右側が海側となり 
山元町でも最も被害が集中した場所です 

1万7000人ほどの人口の街で 
死者不明者合わせて700人以上の方が 
犠牲になっているとの事 

遠目には本当にのどかな風景に見えるのですが 
左側の被害が少なかった地域でさえ 
現在もひとが住めない状態で、まさしくゴーストタウンとなっています 

写真は駅前にある電話ボックスです 
身長ほどの場所にくっきりと津波の爪痕が・・・・。 

dennwa.jpg 

平和な町を突然襲った地獄のすさまじさ 

私の歩いた場所、すべてで 
身長をも越える黒い水がおしよせてきた・・・。 
車の走るほどのスピードでその壁が迫ってくる・・・。 

そんな風に考えると 
その光景の恐ろしさがよく理解できます 

ありえない現実の前に 
人間の無力さが悲しすぎます