京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
いまだ癒えない心

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

いまだ癒えない心

 

okinawa01.jpg 

とある家族が沖縄のイベントに招待された話です 

文章を読んで、またまた、泣いてしまいました 
被災した方たちにはひどい現実がまだまだ続いているんですね 

昨日、告知した京都YMCA主催のイベント 
その開催も同じような想いから企画されています 

沖縄程ではないし、新聞も取り上げてくれないでしょう 
でも、何か出来る事から、という気持ちは 
決して引けを取るものでもありません 

少しでも子ども達の笑顔が見られたら 
そんなにうれしい事はありません 

以下6月23日の沖縄タイムスからの転載です

(文責:山田英樹) 

京都の新築リフォーム200年住宅HABITAは流体計画へ
 
追伸:いよいよ今日の夜から、仙台へ行きます
   被災地支援のボランティアです、体力が続くかどうか・・・・?
   それだけが心配です。

===================================================================

 20日、南城市で開催された、世界一大きな絵2012に、東日本大震災で被災した福島県相馬市から9人の園児とその保護者が招待された。津波被害や原発事故の影響で屋外活動が制限され、一日中建物の中で過ごす子どもたち。「少しの間でも外で自由に楽しませてあげたい」。母親たちは、太陽の下で思い切り跳びはねるわが子の姿に目を細め、優しく見守っていた。(南部総局・大野亨恭)

 二男海斗ちゃん(6)と初めて沖縄を訪れた小林あゆみさん(28)。自宅は全壊し、両親と生後わずか1週間の美羽(みう)ちゃんを失った。

 地震発生後、避難しようと乗り込んだ車が1キロ近く流された。何とか海斗ちゃんを助け出し、長男秀斗君(7)も地元の消防団員に救出された。だが、運転席に座っていた母猪苅友子さん(67)と美羽ちゃんは流されてしまった。

 美羽ちゃんは震災の約1週間前、3月3日の「桃の節句」に誕生した。「おひなさまの日に生まれてきたね」。初めての女の子。家族や親族から多くの祝福を受けた。友子さんは美羽ちゃんを人一倍かわいがった。後から聞いた話では、友子さんは濁流にさらわれた後も、美羽ちゃんを強く抱き締めたまま決して離さなかったという。

 「海斗、お兄ちゃんなのに家も美羽も守れなくてごめんね」。あゆみさんの前で海斗ちゃんは何度も繰り返した。

 少しでも元気になってくれれば、との思いで沖縄に来た。震災を境に海に対する恐怖心も生まれていたが、海斗ちゃんは穏やかな沖縄の海を見て「きれい」とつぶやいたという。

 20日夜は、市商工会によるバーベキューを楽しんだ後、市内の民家で民泊体験。家が隣同士だった遠藤のり子さん(34)、一希ちゃん(5)と共に、知念善助さん(68)宅に宿泊した。知念さんの孫らとすぐに打ち解け、花火やおしゃべりなどを楽しんだ。

 海斗ちゃん、一希ちゃんは「花火がとっても楽しい。一人でも火をつけられるんだよ」と大はしゃぎ。

 あゆみさんは「沖縄に来て久しぶりに震災を忘れられた。子どもたちのためにも頑張らなきゃ」と涙をぬぐった。翌21日にあゆみさんらは福島の仮設住宅へ戻った。