京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
あるインフラ企業の逆襲

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

あるインフラ企業の逆襲

 

大阪ガスがなかなか頑張っています 

関西電力と大阪ガスとの水面下での戦いの歴史は 
実はなかなか興味深い物語なのですが 

それはさて置いておいたとしても 
現在の大阪ガスの攻勢にはかなりの勢いを感じます 

どちらかというと 
一方的に打ちのめされていた感があるだけに 
ここぞとばかりに力が入っているのでしょうね 

このブログでも再三取り上げていると思いますが 
コジェネレーションの機器は確かに優れモノです 
エネルギーの地産地消には欠かせない商品ですし 
お昼に発電する太陽光発電との相性もよいのです 

今までの差を考えるとちょうどイーブンになったぐらいかもしれません 

(文責:山田英樹) 

京都の新築リフォーム200年住宅は流体計画へ! 
===========================================

売電量は買電量の約12倍! 大阪ガスが省エネ住宅の節電効果を公表 

2011.6.21 20:27
大阪ガスが実証実験を行う奈良県王寺町の「スマートエネルギーハウス」

大阪ガスが実証実験を行う奈良県王寺町の「スマートエネルギーハウス」

 大阪ガスは21日、家庭用燃料電池を使ったガスコージェネレーション(熱電併給)システムと太陽電池、蓄電池を組み合わせた奈良県王寺町の省エネルギー住宅「スマートエネルギーハウス」で、積水ハウスと共同で進めている居住実験の途中結果を発表した。

 太陽光発電などによって関西電力に販売した電力量(売電量)が居住開始から4カ月平均で、関西電力から購入した電力量(買電量)の約12倍に上るとの節電効果が実証されたという。

 実験は2月に開始。2階建て、延べ床面積約140平方メートルの住宅に大ガス社員の3人世帯が生活している。出力約5キロワットの太陽光発電、出力700ワットの燃料電池などを組み合わせた結果、2~5月の月間平均売電量は約450キロワット時(電力に時間を積算した量)で、買電量36キロワット時の約12倍に上ったことがわかった。

 実験は平成26年3月まで行う予定。大ガスは27年以降の商品化を目指している。