京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
これからのエネルギー政策

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

これからのエネルギー政策

 

hondataiyoukou.jpg 

福島原発、決死の作業が続いています 
残念なことにいまだ道筋は見えてきません 

あくまで個人的な意見ですが 
かなりの長い時間がかかるように思います 

避難地域の皆さんには一刻も平穏な暮らしを 
取り戻してほしいのですが・・・・・。 

この後、日本のエネルギー政策はどういう風に なっていくのか? 
非常に気がかりです

先日のテレビニュースで 
デモしている人たちが 
『今、この瞬間に原発をストップせよ!』 
と大声を張り上げていました 

声を上げることは重要だと思いますが 
あまりの非現実的な意見に 
あいた口がふさがりませんでした 

計画停電や節電が 
国民経済にどれほどのダメージを与えているのか 
考えた上での発言だとは到底思えません 

残念ながら明日から急に 
原発やーめた!、という訳にはいきません 
全エネルギーの約30% 
関西圏では50%のエネルギーが原子力発電でつくられているからです 
あくまで個人的な意見としては 
10年スパンの計画で縮小していくことが望ましいと考えています 

現在、太陽光発電の設置戸数は75万戸程度 
発電量は270万kwで原発におきかえると2.5基分に相当します 
・・そうなんです。まだまだその程度の発電量しかないのが現状です 

悲観ばかりはしてられないのでトラタヌします(とらぬ狸の皮算用の事です) 
太陽光発電の普及率は2.5%と言われていますので 
おおよそ40倍にできる計算になります 

もしすべての家に太陽光発電を設置すれば 
うーん、なんとかなりそうですね・・・・・。 

ただ、おおきな問題が・・・・・。 
そうなんです太陽の出ている時間しか電気がつくれないのです・・・・。残念! 

とまあ、やはり色々と難しい事があるのです 
ただ、蓄電池の技術、スマートグリッド、その他の代替燃料 
そんな日本が誇る技術のシードはたくさんあります 
究極の省エネ技術も持っています 
そして、なによりMOTTAINAIの精神にあふれる国です 
10年あれば必ず原発に依存しない国に転換できます 

今回の原発のニュースを見ている時 
なぜか沖縄の基地問題とダブって見えて仕方がない 
大都市やマジョリティーの人々の為に 
少数の人が大きなリスクを受け持つ・・・・。 

東京の電気をつくるために福島に原発が必要! 
日本の国土を守るために沖縄には基地が必要 
やっぱりなにかおかしいですよね

今ならこの国の国民は考えることができると思います 
本当に自分たちになにが必要でどんな国にしていきたいのかを・・・。 

がんばろうニッポン!