京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
太陽光発電活躍の巻

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

太陽光発電活躍の巻

 

流体計画のマネージャー高倉くん 
そのお友達が仙台で被災されたとのことです 

幸いなことに住居は特に大きな 
ダメージもなかったようなのですが 
いかんせん思いがけずの長期の停電 

そんな時に屋根に設置してある太陽光発電が 
助けてくれたそうです 

災害時にパワコンと呼ばれる機械の側面の 
コンセントから電気を取ることができ 
テレビを通じて情報収集に大変役立ったそうです 

このように大きな災害時には 
被災地の人ほど情報が少ない事がままあります 
でも正確な情報収集により 
次の一手を考えることができるというのは 
大変大きなことだと思います 

そんな話題がありましたので 
ご紹介します 

河北新報4月5日のニュースです 

================================================ 

燃料ゼロ大助かり 移動太陽光発電機フル稼働 大船渡 

大船渡市の碁石コミュニティーセンターに設置された太陽光発電機 


 電力復旧のめどが立っていない岩手県大船渡市周辺地区の避難所で、相模原市の光学部品製造「相光技研」(本田義広社長)が贈った移動式の太陽光発電機が活躍している。 
 同社は3月18日、碁石コミュニティセンターと後ノ入公民館の2カ所に発電機を設置した。宇宙航空研究開発機構の関係施設がある縁から「銀河連邦」として大船渡市と交流を続けてきた相模原市から依頼を受けて、無償で協力した。 
 発電機は一辺約1メートルの立方体で、1メートル四方の太陽光パネル5枚を広げて使う。大容量のバッテリーを搭載し、電圧100ボルト、電流30アンペアで10時間、出力できる。 
 テレビや掃除機を動かすのに使っている同センターのリーダー役、及川宗夫さん(60)は「自家発電機は燃料をたくさん消費するため、あまり長く使用できない。これは大変助かる」と喜ぶ。 
 同社は「約1年前に開発した時は『電力は大災害でも2、3日で復旧するから使えない製品だ』と評判が悪かった。現在、利用されているのは被災地にある2台のみで、役立ててもらえてありがたい」としている。(佐藤理史) 


2011年04月05日火曜日 

============================================= 

昔から太陽光発電に取組んできたのですが 
本当に良かったとあらためて思います 

がんばれ!日本