京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2011年】
>
戦争について

 

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

戦争について

 

最近、どこかでジパングという漫画本を手に取りました
やけに面白く、夢中になってしまったのですが

それがきっかけなのかはわかりませんが
戦争について改めて考えたりします

私の父は戦争体験者でした
かなり遅くに生まれた子供だったので
かわいがってもらったのでしょうが
さすが軍人、という程厳しい人でした

小さなころから戦争の話はよく聞かされ
映画に連れて行ってくれるとしたら
必ず戦争映画だったのを覚えています

ちょうど今、サイパン島で47人の兵士を率いて
アメリカ軍に最後まで抵抗した
大場栄(おおばさかえ)大尉を描いた映画が公開中です
私の父親の話の中にもパラオ、パラオと
南方の話がよく出てきていました


よく戦争の話を語り継ぐ、という表現を耳にしますが
存命の方が少なくなっていく、ということだけが
問題ではないように思います
実は平和ボケした心のほうが問題なのではないかと思っています

右も左もなく、正しい歴史をきちんと理解すること
そのことのほうが随分大事なのではないでしょうか

このブログにもよく沖縄の話が出てきますが
興味を持ちさえすれば幾らでも学ぶことは可能だと思います