京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2010年】
>
わんぱくチャレンジ

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

わんぱくチャレンジ

 

wanpaku1.jpg 

発達障害を持つ子どもたちと一日デイキャンプでふれあう 
という京都YMCAのプログラムに参加してきました 

写真はみんなで作った料理を 
食べている昼食のシーンです 

発達障害という言葉も 
私が子どもであった頃には 
あまりなじみのない言葉でした 

正直私自身も正確に理解を 
しているわけではありません 

今回はキャピタルクラブのメンバー達が 
『野外料理の達人』として 
子どもたちといっしょにたき火をおこして 
様々な料理を作るというプログラムでした 

毎月のプログラムを通して 
彼らと向き合っている 
ボランティアリーダーから 

『達人』の登場です 
と紹介していただくと 

それだけで子どもたちは大興奮です 
小学生が中心なのですが 
みんなほんとうにひとなつこくて 
かわいい子どもたちです 

wanpaku4.jpg 

竹の棒に 
ホットケーキミックスから作った生地を 
回しかけて作ったバームクーヘンです 

おいしそうでしょう? 

メニューは他にも盛りだくさん 

小麦粉とバターを混ぜるところから 
ベシャメルソースを作った 
マカロニグラタンや 

細かくさいの目に切った 
たくさんの野菜でつくった 
ミネストローネスープ 

みんなで挽肉をコネコネ、コネコネして作ったロールキャベツなど 

できあがりは 
どれも本当においしく 
優しい味に仕上がりました 

中にはやはりずっとリーダーがついて 
色々サポートしなければならない子どもたちもいます 
でも、そんな子どもたちのすぐそばで 
リーダー達が本当に献身的に 
話を聞いて、諭して、いっしょに笑っている 
様子を見て胸が熱くなりました 

自分自身の二十歳の頃と 
重ね合わせると、本当に恥ずかしい限りです 

このリーダー達の献身を見ていると 
『まだまだこの国も捨てたものじゃない』 
いつもそんな風に思います