京都の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら流体計画株式会社

流体計画 京都・滋賀の注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工

トップページ
>
BOSSブログ【2010年】
>
八角九重塔の基礎部分発見!

 

モデルハウス

モデルハウス

イベント情報

イケアキッチン施工例

360°パノラマ

流体計画の家づくり

家づくりの流れ

保証・アフター

機能性向上の取り組み

 

ただいま建築中

建築コラム

ほぼ日コラム

お金にまつわる話

スタッフ紹介

ショールーム

 

八角九重塔の基礎部分発見!

 

京都の岡崎にある京都市動物園の敷地内で
平安後期の九重の塔の基礎部分が発見されたそうです。

文献に寄りますとなんと高さが81m、
当時の国内で最も高い木造建築物でした。
(通天閣103m、京都タワー131m)

戦前までは塔の基壇も残っていたのですが、
進駐軍により取り除かれてしまったとの記録があるそうです。

見たかったなあ!やはり日本の木造建築の技術は
すごいとしか言いようがないですね。

参考までにその後相国寺には
109メートルの七重の塔が建立されたそうです。
(残念ながらこれも消失してしまいました)

ビバ!木造建築

九重塔